2017 and later

  1. Konishi S, Nishihama Y, Imai H, Umezaki M, Yoshinaga J. Paraben exposure through sunscreen use and menstrual cycle. The 21st meeting of the Japan Society of Endocrine Disrupters Research 15-16 December, 2018, Tokyo. (poster)
  2. Konishi S, Mizuno Y, Saotome TT, Shimizu K, Oba MS, O’Connor KA. Urinary iodine concentration and fecundability: A prospective study of pregnancy planners in Japan. The 21st meeting of the Japan Society of Endocrine Disrupters Research 15-16 December, 2018, Tokyo. (poster)
  3. 小西祥子.既往出生児数と主観的健康-こもいせコホートにおいて健康調査票THIを用いた検討-.第83回日本健康学会総会,2018年11月23-24日,前橋.
  4. 水野 佑紀,小西 祥子,今井 秀樹,藤森 英治,児島 伸彦,吉永 淳.カドミウム曝露とテロメア長との関連.メタルバイオサイエンス研究会2018,2018年11月16-17日,仙台.
  5. 水野 佑紀,小西 祥子,今井 秀樹,藤森 英治,児島 伸彦,吉永 淳.重金属類曝露とテロメア長との関連.第6回メタロミクス研究フォーラム(共同開催: プラズマ分光分析研究会 第104回講演会),2018年11月1-2日,八王子.
  6. 小西祥子,児塔栄子,押川千恵,宗 信夫,岸川禮子.九州における1989年から2014年までのスギ花粉飛散数と気象条件の関連.日本花粉学会第59回大会,2018年9月22日,津.
  7. 小西祥子.企画セッション「堕胎と嬰児殺しの人口学」趣旨説明.第70回人口学会大会,2018年6月3日,浦安.
  8. 小西祥子,早乙女智子.受胎待ち時間に関する前向きコホート調査:2年後の追加調査の結果.第88回日本衛生学会学術総会,2018年3月24日,東京.
  9. 小西祥子,西浜柚季子,今井秀樹,梅﨑昌裕,吉永淳.パラベン類曝露と妊孕力の関連.題82回日本健康学会総会,2017年11月10日,国頭(沖縄).
  10. 小西祥子,西端慎一,増山敬祐,小澤仁.スギ・ヒノキ花粉飛散数と花粉症発症のタイミングに関する検討.日本花粉学会第58回大会,2017年9月17日,浜松.
  11. 小西祥子,早乙女智子,清水慶子,大庭真梨,鶴巻香奈子.妊娠確率と性交のタイミングに関する予備的解析.第69回日本人口学会大会,2017年6月11日,仙台.
  12. 小西祥子.企画セッション「出生の生物人口学」趣旨説明.第69回日本人口学会大会,2017年6月11日,仙台.
  13. 鶴巻香奈子,佐方奏夜子,小西祥子.母親の人口学的特性と児の低出生体重.第69回日本人口学会大会,2017年6月11日,仙台.

Up to year 2016

  1. 小西祥子,佐方奏夜子.月の満ち欠けと出産.第81回日本民族衛生学会総会,2016年11月26-27日,東京.(体調不良により演題取下げ)
  2. 小西祥子,Chris Fook Sheng Ng,小澤 仁,増山敬祐.花粉症の受診行動の男女差:日ごとの受診者数の分析から.日本花粉学会第57回大会,2016年10月1日,日立.
  3. Konishi S, Saotome T, Tsurumaki K, O’Connor KA. The first trial of a prospective study on time to pregnancy in Japan. Conference of International Society for Environmental Epidemiology and International Society of Exposure Science – Asia Chapter 2016 (ISEE-ISES AC2016), June 28, 2016, Sapporo.
  4. Konishi S, Saotome T, Tsurumaki K, Sakata S, O’Connor KA. Age and time to pregnancy among Japanese couples. The 68th Annual Meeting of the Population Association of Japan, June 12, 2016, Kashiwa. (in Japanese)
  5. 小西祥子,Chris Fook Sheng Ng,Andrew Stickley,渡辺知保.中高年の花粉症と死亡率:こもいせコホート調査から.日本花粉学会第56回大会,2015年10月4日,草津.
  6. 小西祥子.少子化時代の生物人口学(趣旨説明).日本人口学会第67回大会,2015年6月7日,名古屋.
  7. 小西祥子,玉置えみ.不妊治療の経験と関連する人口学的、社会経済的、生物学的要因.日本人口学会第67回大会,2015年6月7日,名古屋.
  8. 小西祥子,玉置えみ.日本の既婚および未婚女性の妊娠企図と避妊行動.第85回日本衛生学会学術総会,2015年3月28日,和歌山.
  9. Konishi S, Stickley A, Shinsugi C, Yasumoto S, Watanabe C. Excess winter mortality in Japan: variation across age groups among the population aged 65 years old and above. The 26th Annual International Society for Environmental Epidemiology Conference, Aug 25, 2014, Seattle, USA. (poster)
  10. 小西祥子,玉置えみ.日本における Current-duration approachの適用.日本人口学会第66回大会,2014年6月15日,東京.
  11. 小西祥子.妊孕力と人口(テーマセッション「妊孕力と人口」趣旨説明).日本人口学会第66回大会,2014年6月15日,東京.
  12. 小西祥子,西浜柚季子,飯田彩花,吉永淳,今井秀樹.20-22歳の日本人女性における血清中抗ミュラー管ホルモン(AMH)濃度と月経痛の関連.第84回日本衛生学会学術総会,2014年5月26日,岡山.【若手優秀演題賞受賞】
  13. 小西祥子,Chris Fook Sheng Ng,Andrew Stickley,西端慎一,新杉知沙,上田佳代,高見昭憲,渡辺知保.微小粒子状物質は花粉飛散数と.花粉症受診患者数の関連を修飾する.第84回日本衛生学会学術総会,2014年5月26日,岡山.
  14. 小西祥子,Andrew Stickley, 安本晋也,新杉知沙,渡辺知保.日本における死亡率の季節変動の地域差.第78回日本民族衛生学会総会,2013年11月16日,佐賀.
  15. 小西祥子.年齢と妊孕力(Age and fecundity).日本人口学会第65回大会,2013年6月2日,札幌.
  16. 小西祥子.不妊と人口(Infertility and population)(テーマセッション「不妊と人口」趣旨説明).日本人口学会第65回大会,2013年6月2日,札幌.
  17. 小西祥子.トンガ王国からの海外移住と出生率(Fertility and international migration from the Kingdom of Tonga).日本人口学会第64回大会,2012年6月2日,東京.
  18. 小西祥子.人類生態学と人口学(Human Ecology and Population Studies)(テーマセッション「人類生態学と人口学」趣旨説明).日本人口学会第64回大会,2012年6月2日,東京.
  19. 小西祥子,玉置えみ.再生産機能の老化に寄与する環境・行動・遺伝的素因の影響の解明を目指す学際プロジェクト(An interdisciplinary project on reproductive aging: Exploring environmental, behavioral, and genetic factors).日本人口学会第63回研究大会,2011年6月12日,京都.
  20. 小西祥子.人口学研究におけるバイオマーカーの利用の重要性と問題点(Use of Biomarkers in Demographic Research). 日本人口学会第63回大会,2011年6月11日,京都.
    Konishi S, Brindle E, O’Connor KA. Effect of Past Hormonal Contraceptive Use on Blood, Salivary, and Urinary Progesterone Levels in Young Women. Population Association of America 2011 Annual Meeting, Apr 1, 2011, Washington DC, USA (poster)
  21. 小西祥子. 再生産機能の老化に関する学際的プロジェクト(An interdisciplinary project on reproductive aging). 平成22年度第2回日本人口学会東日本地域部会, 2011年3月10日,東京.
  22. 福山祥子, Rajendra Parajuli, Erica Takane, 蒋宏偉, 梅崎昌裕, 渡辺知保. ネパール人女性の再生産に関わる変数の地域差.第73回日本民族衛生学会総会, 2008年10月26‐27日, 横浜市.
  23. 福山祥子. トンガの子どもの成長と肥満.日本発育発達学会研究月例会, 2008年7月23日, 東京.
  24. Fukuyama S, Umezaki M and Watanabe C. Levels and sources of energy and nutrient intake among Tongan adults. The 39th Conference of the Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health, November 21-25, 2007, Saitama, Japan. (poster)
  25. Fukuyama S. Nutritional Ecology of Tongans: Study on Food Intake and Physical Activity Pattern in a Population with High Prevalence of Obesity. Annual meeting of a research project for Institute of Tropical Medicine and Hygiene, Nagasaki University. “Demographic, health and nutritional transition in Asia and Oceania regions: Review of the case studies”, January 28, 2007, Nagasaki.
  26. 福山祥子. トンガ王国における肥満割合:IOTFデータとの比較.第17回日本成長学会, 2006年11月25日, 東京.
  27. 福山祥子. トンガにおける肥満の個人差に関連する食行動.第47回日本熱帯医学会・第21回日本国際保健医療学会合同大会, 2006年10月11-13日, 長崎市.
  28. 福山祥子. トンガ人の日中の活動‐コロバイ村でのタイムアロケーション調査より.第10回生態人類学会研究大会, 2005年3月18-19日, 伊達市.
  29. 福山祥子, 稲岡司, 松村康弘, 山内太郎, 夏原和美, 大橋順, 木村亮介, 大塚柳太郎. トンガの子どものオーバーウェイト. 第69回日本民族衛生学会総会, 2004, 東京.
  30. 福山祥子. トンガ人の海外移住と出生力変化. 日本オセアニア学会第21回研究大会・総会, 2004年3月22-23日, 佐賀県嬉野温泉.
  31. 福山祥子. トンガ王国コロバイ村からの海外移出-この20年間に村でおこった変化. 日本オセアニア学会2003年度関東地区例会, 2004年1月24日, 東京.
  32. 佐方奏夜子,小西祥子.早産と不妊の関連―日本におけるインターネットを用いた横断研究―.第81回日本民族衛生学会総会,2016年11月26-27日,東京.
  33. Tamaki E, Konishi S. The social determinants of menstrual cycle characteristics among Japanese women. The 111th American Sociological Association Annual Meeting, Aug 20, 2016, Seattle.
  34. 西浜柚季子,吉永淳,飯田彩花,中島大介,米山美幸,白石寛明,今井秀樹,小西祥子.女子大学生の血清中抗ミュラー管ホルモン(AMH)濃度とパラベン類曝露との関係.第86回日本衛生学会学術総会,2016年5月13日,旭川.
  35. 玉置えみ,小西祥子.月経不順の規定要因:生活習慣に注目して.日本人口学会第67回大会,2015年6月7日,名古屋.
  36. 佐方奏夜子,小西祥子,Chris Fook Sheng Ng,岸川禮子,新杉知沙,梅崎昌裕,渡辺知保.福岡市における黄砂および.浮遊粒子状物質と花粉症受診者数との関連.第85回日本衛生学会学術総会,2015年3月27日,和歌山.
  37. 西浜柚季子,飴田玲伽,吉永淳,小西祥子,中島大介,米山美幸,白石寛明,今井秀樹.看護女子大学生における尿中パラベン類濃度の個人内・個人間変動.第85回日本衛生学会学術総会,2015年3月27日,和歌山.
  38. Begum M, Konishi S, Goto R, Watanabe C. Intestinal permeability and growth faltering of 6-24-month-old children in Chitral district, Pakistan. Nutrition Policy to Practice in Pakistan: Exploring the challenges & research opportunities, March 8-11, 2015, Islamabad.【Best oral presentation】
  39. 西浜柚季子,飯田彩花,吉永淳,今井秀樹,小西祥子,中島大介,米山美幸,白石寛明.女子大学生のパラベン類曝露と月経周期.環境ホルモン学会第17回研究発表会,2014年12月10日,東京.【優秀ポスター賞受賞】
  40. 西浜柚季子,飯田彩花,吉永淳,今井秀樹,小西祥子,中島大介,米山美幸,白石寛明. パラベン類曝露による月経周期への影響.日本人口学会第66回大会,2014年6月15日,東京.
  41. 玉置えみ,小西祥子.生活習慣と月経不順の関連:インターネット調査の予備分析から .日本人口学会第66回大会,2014年6月15日,東京.
  42. 西浜柚季子, 飯田彩花, 小西祥子, 今井秀樹, 吉永淳. 女性生殖能力の影響指標としての月経周期.第16回環境ホルモン学会研究発表会.2013年12月12-13日,東京.
  43. 大塚柳太郎,小西祥子.自然出生力集団における妊孕力.日本人口学会第65回大会,2013年6月2日,札幌.
  44. Inoue Y, Umezaki M, Li D, Konishi S, Du J, Watanabe C. Transition to a market economy and C-reactive protein concentrations among rural communities in Hainan Island, China. Human Biology Association Meetings 2013. April 11, 2013, Knoxville, TN.
  45. Li D, Inoue Y, Konishi S, Umezaki M, Watanabe C. Predictors of C-reactive protein among children in five communities in Hainan Island, China. 第76回日本民族衛生学会総会,2011年11月24日,福岡市
  46. Riquelme A, Konishi S, Watanaeb C. Cardiovascular risk factors in relation to lifestyle and behavioral factors among seasonal farm workers in Central Chile. 第76回日本民族衛生学会総会,2011年11月24日,福岡市.
  47. Watanabe C, Furusawa H, Takane E, Umezaki M, Arizono K, Konishi S, Inaoka T, Ikemoto Y, Pahari, K, Lam TD, Ahmed A, Abudullar O and Siba P. Urinary selenium excretion in rural and urban communities of five Asian regions: variation and causes of variation. The 9th International Symposium on Selenium in Biology and Medicine, May 31-June 4, 2010, Kyoto.
  48. 渡辺知保,梅﨑昌裕,有薗幸司,池本幸生,稲岡司,関山牧子,古澤華,小西祥子,蔣宏偉.アジア・オセアニアにおけるライフスタイル(生業)の転換とその健康影響:ENVRERA 研究.第80回日本衛生学会総会.2010年5月9-11日, 仙台.
  49. Watanabe C, Umezaki M, Arizono K, Inaoka T, Sekiyama M, Shimizu H, Konishi S, Jiang HW, Gunawan B, Abdoellah O. Subsistence transition and its effects on local natural and chemical environments in rural and urban communities of Asian-Pacific countries. Ecological Society of America, August 2, 2009, Albaquarque, NM, USA.
  50. Takane E, 福山祥子,古澤華,Parajuli RP, 梅崎昌裕,渡辺知保:Urinary trace element levels in five communities in Nepal: evaluation of micronutrient status and exposure to metals. 第73回日本民族衛生学会総会, 2008年10月26‐27日, 横浜市.
  51. 陳家蓉,梅崎昌裕,古澤華,福山祥子,渡辺知保:Cortisol and estradiol level related to the seasonal stress among female Taiwanese immigrant in Vancouver, Canada. 第73回日本民族衛生学会総, 2008年10月26‐27日, 横浜市.